アプリで操作!!30km/h走行を可能にした電動スケートボード”The Marbel Board”

marbelborad

これまでにもBoosted Boards社などの電動スケートボードが話題になってきましたが、今回はフロリダ州のスタートアップ”Marbel”が、世界最軽量をうたう電動スケートボード”Marbel board”を紹介します。

特徴はその外観で、ひと目見ただけでは、けっして電動スケートボードとは気づかないほどのスリムさです。

そして、なんと重さは約4.5kgだそうです(; ̄Д ̄)なんじゃと?

素材はカーボンファイバーとケブラーの複合素材を採用していて、軽量かつ高剛性に仕上げられているとのこと。

ある程度は激しい扱いにも耐えられるということですが、スリム化を図るために内部にバッテリーを抱えているので、各種トリックなどの技は控えたほうが良さそうです。

デッキの厚さは約30mmほどで、バッテリーの容量は165Wh
1回の充電で約16kmを走行可能で、充電には約90分かかるそうです。

そして肝心の走行性能は瞬間出力2000W、約3馬力のブラシレスモーターを搭載し、最高速度は約32km/hに達するとのこと。

marbelborad2

速度の調整は専用のリモコンかスマートフォンアプリ「Dashboard」を使い、スロットルスライダーを動かして制御するようです。

ブレーキングも可能で、この場合は回生エネルギーをバッテリーに蓄え、走行距離を少しでも伸ばす仕掛けになっているみたいですよ。

marbelborad

スマートフォンアプリ「Dashboard」には、走行パターンに合わせたモード(Starter Mode/ECO Mode/Custom Mode)やバッテリー残量警告、どこまで走行できるかを地図上に円を描いて知らせるマッピング機能なども搭載していて、かなり高機能。

Kickstarterでは、目標額9万ドルでキャンペーンをスタートさせていて、約1週間で14万5000ドルを集め、さらに金額をのばす勢いなんだそうです。

早期出資者向けの999ドル、1099ドルの枠はすでに完売していて、2014年5月現在、Marbel Boradを入手できる最低出資額は1199ドルから、数量に制限はなかったそうです。
(募集期間は6月20日までだったみたい)

スケートボードが1000ドル超えって、かなりハードル高いですが、やっぱり電動は魅力的です!!

 

 

■ Source

Marbel – The Lightest Electric Skateboard in the World

engadget.com


関連記事

Feature

  1. Re:ゼロから始める異世界生活
  2. クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い

Pickup News

  1. 最新 News Feed・リアルタイム(アニメ・マンガ etc… 関連グッズ)
  2. 最新News Feed・リアルタイム(アニメ・マンガ関連)

DVD·Blu-ray News

DVD·Blu-ray News (2017) DVD·Blu-ray News (2016)
ページ上部へ戻る